【日本の食品株の特徴について解説】食品業の今後の見通しとセクターローテーション投資

スポンサーリンク
セクターローテーション投資
torkey
torkey

趣味で株式投資をしているtorkeyです。

得意なセクターを見つけようシリーズ!

今回は【食品株】です。

セクターごとの特徴を知ることで、株の取引を有利に行うことができます。

今回は【食品株の特徴と今後】について解説していきます!

torkey
torkey

まさにドラえもんの秘密道具!

日本株の買うタイミングを教えてくれる「押し目アラート」

”投資の森”が出している便利なツールです♪

【日本の食品株の特徴まとめ】

日本の食品株の特徴についてまとめました。

食品株の主な特徴
  • 食品株はディフェンシブセクター
  • 食品株は円高メリットセクター
  • 食品業界の規模は日本の業界16位
  • 食品の総消費量は人口に比例する
  • 日本の食品市場は衰退
  • 世界の食品市場は拡大
torkey
torkey

私たちの最も身近な「食品」を取り扱っている企業・業界について学び、株式投資に活かしていきましょう!

【食品株の日本株ETFと個別株】NEXT FUNDS食品

日本の食品株ETFならばNEXT FUNDS食品(証券番号:1617)があります。

NEXT FUNDS食品の内訳

〈2023年4月28日の上位銘柄〉

日本たばこ産業・アサヒグループHD・味の素・キリンHD・ヤクルト本社・キッコーマン・日清食品HD・明治HD・サントリー食品インターナショナル・東洋水産・日本ハム・カゴメ・日清製粉G・伊藤園・カルビー・ニチレイなど

食品株に投資をするのであれば、食品株にまとめて分散投資ができるETF(NEXT FUNDS食品)、もしくは食品株の個別株投資になります。

【食品株とセクターローテーション】

日本株版セクターローテーション

食品株はセクターローテーションだと「不況期」に有利なセクターとなります。

不況期では、企業成長が鈍化し消費も抑えられるため経済が低迷していく局面です。

食品株は景気に左右されにくいセクターなので、不況期に活躍が期待できるセクターとなります。

【セクターローテーション投資の見極め】

セクターローテーション投資とは、景気のトレンドの移り変わりに合わせて、投資戦略を変えていく投資方法です!

セクターローテーションは時計回りに動いています(基本的に逆回転することはありません)。

景気後退期→不況期への移行は、景気後退期のセクターが下落トレンドを形成し、不況期のセクターが上昇トレンドを形成し始めた時です。見逃さないように要チェックしておきましょう。

日本株のセクターは大きく分けて17種類・小さく分けて33種類に分かれています。

日本株のセクターについてもっと詳しく知りたい方は、こちらのリンクからどうぞ。

【食品株はディフェンシブセクター】

食品株はディフェンシブセクターと呼ばれています。

ディフェンシブセクターとは、業績が景気の影響を受けにくいセクターの総称です。

食品業は、私たちが生きていくために無くてはならない業種です。

食品株は、景気の良し悪しに左右されないため、景気が後退し株式市場全体が下落局面の時に有利になるセクターとなります。

【食品株は円高メリットセクター】

食品株は円高メリットセクターです。

円高メリットセクターは、輸入をメインに行っている企業にとってメリットとなります。

輸入食品の例としては、「小麦粉・パスタ」「砂糖」「飼育動物への飼料」があります。

「製粉最大手の日清製粉G」「製糖業界首位のDM三井製糖」「飼料の販売を行っている中部飼料」は代表的な食品の円高メリット銘柄になります。

【円高メリットの食品企業】
  • 〈2002|日清製粉G〉製粉最大手。パスタ類に強み、エンジニアリングも。製粉は海外展開を積極化。
  • 〈2109|DM三井製糖〉精糖最大手「スプーン印」三井糖と「ばら印」大日明治が統合。食品化学も注力。
  • 〈2053|中部飼料〉中部地盤の独立系配合飼料大手。販売量で首位級。有機肥料、畜産診療も。

円高メリットセクターについて、もっと詳しく知りたい方はこちらのリンクからどうぞ。

【日本の食料品市場について】

業界動向リサーチより引用

日本国内において「食料品」は大きなセクターです。業界動向サーチによると2020年~2021年の食料品業界の規模は約21兆円業界16位(/196業種中)となっています。

日本の食品企業は分野が多く、各企業で得意な分野があります。

まずは日本の食品企業のジャンルについてみていきましょう。

【日本の食品企業7ジャンル】

日本の食品企業は「調味料」「乳製品」「酒類・飲料」「菓子」「即席麺」「冷凍食品」「食肉・水産加工品」の7ジャンルに分けられます。それぞれの代表企業を紹介していきます。

【①調味料銘柄を紹介】

調味料とは、料理の味付けに使う材料全般を指します。

【調味料の参考銘柄】
  • 〈2802|味の素〉総合食品会社で調味料首位。医薬品や飼料など多角展開。M&Aに意欲。
  • 〈2809|キユーピー〉マヨネーズ・ドレッシング最大手。サラダ・惣菜も。医・介護食やファインケミカルにも展開。
  • 〈2811|カゴメ〉トマト加工品で首位。飲料ブランドに強み。農産品事業を育成。海外で業務用。

【②乳製品銘柄を紹介】

乳製品とは、動物の乳(特に牛乳)を加工して作られる製品全般を指します。

【乳製品の参考銘柄】
  • 〈2269|明治HD〉明菓・明乳が統合。菓子・乳業業界最大手。医薬品事業が急成長。海外拡大。
  • 〈2264|森永乳業〉乳業大手。乳飲料、アイス、ヨーグルトなど好採算、高シェア製品に強み。栄養食品も。
  • 〈2267|ヤクルト本社〉乳酸菌飲料最大手。独自の販売員網に強み。医薬品推進。海外収益が柱。

【③酒類・飲料銘柄を紹介】

酒類・飲料とは、アルコールを含む飲料や清涼飲料水全般を指します。

【酒類・飲料の参考銘柄】
  • 〈2502|アサヒグループHD〉ビール事業大手。傘下にアサヒ飲料。欧州ビール事業は再編
  • 〈2503|キリンHD〉ビール大手。ビール類で首位級。医薬品強化し多角化推進。豪、アジアに展開。
  • 〈2587|サントリー食品BF〉サントリー子会社で清涼飲料大手。缶コーヒーや茶飲料に強み。海外へ積極展開。
  • 〈2593|伊藤園〉茶葉製品の最大手。緑茶飲料に強み。ルートセールス方式。傘下にタリーズコーヒー。

【④菓子銘柄を紹介】

菓子とは、甘味料などを用いて嗜好品として製造された食品全般を指します。

【菓子の参考銘柄】
  • 〈2269|明治HD〉明菓・明乳が統合。菓子・乳業業界最大手。医薬品事業が急成長。海外拡大。
  • 〈2206|江崎グリコ〉菓子大手。冷菓やチョコレート、スナックが主体。乳製品、カレーなども。オフィス、通販に進出。
  • 〈2229|カルビー〉スナック菓子首位。シリアル製品も。米ペプシコと資本提携。海外でEコマースチャネル拡大。
  • 〈2201|森永製菓〉総合菓子メーカー大手。菓子・冷菓が主力。健康食品なども。海外市場を深耕。

【⑤即席麺銘柄を紹介】

即席麺とは、短時間で簡単に調理がすむ加工された麺類全般を指します。

【即席麺の参考銘柄】
  • 〈2897|日清食品HD〉即席麺のパイオニア。カップ麺でシェア首位。国内成熟、海外展開強化。
  • 〈2810|ハウス食品G〉カレー、シチュー用ルウでトップ。飲料、健康食品も。乳酸菌事業を拡大。米国で豆腐。
  • 〈2875|東洋水産〉総合食品事業。冷蔵から即席麺大手に。米、メキシコで圧倒的首位。

【⑥冷凍食品銘柄を紹介】

冷凍食品とは、調理済みの食品を冷凍させ長時間保存できるように加工した食品全般を指します。

【冷凍食品の参考銘柄】
  • 〈2871|ニチレイ〉冷蔵倉庫と冷凍食品でトップ。水産、畜産も。低温物流事業に強み。
  • 〈1333|マルハニチロ〉水産最大手。漁業、養殖や国内流通網に強み。冷凍、加工や化成品なども。
  • 〈1332|ニッスイ〉水産老舗。家庭用冷凍食品大手。海外で養殖事業、高純度EPA化成品も。

【⑦食肉・水産加工品銘柄を紹介】

食肉・水産加工品とは、肉や魚を原料として加工した食品全般を指します。

【食肉・水産加工品の参考銘柄】
  • 〈2282|日本ハム〉食肉総合メーカー。ハム・ソーセージで最大手。飼育・加工・販売まで一貫体制が強み。
  • 〈1333|マルハニチロ〉水産最大手。漁業、養殖や国内流通網に強み。冷凍、加工や化成品なども。
  • 〈1332|ニッスイ〉水産老舗。家庭用冷凍食品大手。海外で養殖事業、高純度EPA化成品も。

【今後の日本の食品業界】

日本の年齢階層別人口数推定(万人)(World Population Prospects 2022より)(積み上げグラフ)

食品の総消費量は人口と比例します。

日本の人口は長期にわたり減少していくことが推測されています。

また高齢化により一人当たりの消費量も減少していくため、日本の食品の総消費量は減少傾向になります。つまり日本の食品市場は縮小していくことが予測されています。

XENO BRAINによるAI予測分析によると、食品メーカーの国内市場規模は今後5年間(2028年まで)で3.83%縮小することが予測されます。

食品メーカーの成長率(2028年まで)の内訳

調味料・食用油メーカー|+0.75%(成長)

加工食品メーカー|-4.78%(縮小)

パン・菓子メーカー|-2.57%(縮小)

その他食品メーカー|-2.13%(縮小)

【今後の世界の食品業界】

エネ百科より引用

食品の総消費量は人口と比例します。

世界の人口は、アジアやアフリカ地域を中心に今後も増加していくため、世界の食品市場は拡大することが見込まれています。

2030年までの予測では、飲食料の市場規模は現在の1.5倍(2015年比)に成長する見通しとなっています。

飲食料の地域別の成長率

アジアの成長率|1.9倍

南米・オセアニアの成長率|1.4倍

欧州の成長率|1.1倍

Panorama Data Insightsによると「調理済み食品」の市場規模は2021年から2030年にかけて約2倍に達する見通しとなっています。世界の食品市場の中でも「調理済み食品」の市場は急速に伸びることが想定されています。

【日本の食品企業は海外進出していく】

日本M&Aセンターより引用

日本の食品企業が成長していくためには、海外展開が必須になります。

日本の大手食品企業に比べると、世界の大手食品企業の営業利益率は1.5倍以上になっています。

(海外の大手食品企業は営業利益率10%以上が多数存在しています)

マーケットが縮小していく日本で展開するよりも、海外で展開した方が企業の成長につながります。

日本人は食品に対する節約志向が強いため、日本では食品価格の値上げが行いにくいです。

昨今では、為替の影響で輸入食品や飼料が高騰していましたが、食品価格に上乗せしにくい分を企業努力で乗り切ろうとしています。そのため日本の食品業界の利益率は低く抑えられています。

日本の食品マーケットが縮小していく以上、日本国内からの撤退・縮小・合併していくことが予測されます。

日本の食品企業の動向予測

・海外進出をより積極的に行う

・海外の食品関連企業の買収(M&A)

・日本の食品マーケットからの撤退・縮小・合併

【海外売上高比率の高い日本の食品企業】

業界動向リサーチより引用

2021年のデータによると「キッコーマン」「味の元」の海外売上高比率が高いです。

かぶたんより引用
torkey
torkey

こういった海外展開に積極的な企業ならば、そりゃ業績も伸びていきますよね。

【海外売上比率の高い日本の食品銘柄を紹介】
  • 〈2801|キッコーマン〉醤油で首位。酒類や食品も展開。北米事業が収益。アジアでデルモンテ商標権。
  • 〈2802|味の素〉総合食品会社で調味料首位。医薬品や飼料など多角展開。M&Aに意欲。
  • 〈1332|ニッスイ〉水産老舗。家庭用冷凍食品大手。海外で養殖事業、高純度EPA化成品も。
  • 〈2897|日清食品HD〉即席麺のパイオニア。カップ麺でシェア首位。国内成熟、海外展開強化。
  • 〈2002|日清製粉G〉製粉最大手。パスタ類に強み、エンジニアリングも。製粉は海外展開を積極化。
  • 〈2229|カルビー〉スナック菓子首位。シリアル製品も。米ペプシコと資本提携。海外でEコマースチャネル拡大。
  • 〈2810|ハウス食品G〉カレー、シチュー用ルウでトップ。飲料、健康食品も。乳酸菌事業を拡大。米国で豆腐。
  • 〈1333|マルハニチロ〉水産最大手。漁業、養殖や国内流通網に強み。冷凍、加工や化成品なども。
  • 〈2871|ニチレイ〉冷蔵倉庫と冷凍食品でトップ。水産、畜産も。低温物流事業に強み。
  • 〈2282|日本ハム〉食肉総合メーカー。ハム・ソーセージで最大手。飼育・加工・販売まで一貫体制が強み。

【まとめ】

食品株の特徴について解説してきました。

食品株の主な特徴
  • 食品株はディフェンシブセクター
  • 食品株は円高メリットセクター
  • 食品業界の規模は日本の業界16位
  • 食品の総消費量は人口に比例する
  • 日本の食品市場は衰退傾向
  • 世界の食品市場は拡大傾向
  • 日本の食品企業は海外進出が望まれる

食品株以外にも日本株にはたくさんのセクターがあります。

他のセクターも「セクターローテーション」「景気」「為替」別に分かりやすくジャンル分けしましたので、ぜひ株式投資の参考にしてみて下さい!

【日本株セクターを3種にジャンル分け】得意なセクターを見つけようシリーズ!
torkey 趣味で株式投資をしているtorkeyです。 今回は日本株セクターのジャンル分けです! この記事では、これから日本株投資を始める方にとって役立つ、日本株セクターのジャンル分けについて解説していきます。 この記事を読めば、「セクタ...
torkey
torkey

得意なセクターを見つけて株式投資を楽しみましょう!

セクターローテーション投資
スポンサーリンク
シェアする
torkeyをフォローする
【筆者紹介】
torkey

♦趣味「株式投資・ブログ」
♦資産運用「積立NISA」
♦本業「リハビリの先生」
♦好きな言葉「試行錯誤」
♦主戦場「日本株式市場」
♦投資の肝「sector-rotation」

セクターローテーションを中心に『セクター投資』を深堀り!株式投資を楽しむためのknow系ブログです。

Digging Deep into 'Sector Investing' with a Focus on Sector Rotation!
A knowledge-based blog for enjoying stock investments.

torkeyをフォローする
株楽しむ人